Home 花カタログ 雑貨カタログ Holland
情報
Profile Holland
花留学
ご注文
方法
お問い合わせ リンク


アムステルダム郊外の旅
Edam&Zaanseschans

2006年1月初め
知人達がオランダ旅行にやってきました。
そして一緒にバスのツアー(半日コース)に
参加しました。
行き先はアムステルダムからバスで40分程の
チーズで有名なEdam(エダム)と
今でも5基の風車が観光用に活躍している
Zaanseschans(ザーンセスカンス)のツアー。

アムステルダムから電車でも簡単に行ける
ザーンセスカンスは
もう何度も行っている好きな場所です。
エダムは初めてなので楽しみ。

大きな観光バスに乗りアムステルダムから出発です。
オランダ人男性のガイドさんが
英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語などで
歴史や文化などを紹介してくれます。

冬のオランダは朝8時といってもまだ真っ暗なのですが、
この日はさらに!
これまで見たことのないような”濃霧”が・・・。
アムステルダムの中心でさえ
数メートル先すら見えないような深い霧。
郊外に行ったらどうなっちゃうのだろう?
バスが田んぼに落ちるのでは・・・?
などという不安の中・・・出発。
案の定深い霧。
せっかくの郊外の車窓が
全ーーーーく見えませんでした。
アムステルダムとは違う
郊外のどこまでも平らな風景を
知人達にも見せてあげたかったのに・・・
本当に残念。

というわけで、
写真はどれもぼんやり&暗いのですが
それも一つの風景。
濃霧のエダム・ザーンセスカンス
ご覧ください。

***
写真をクリックすると大きい画像がご覧いただけます
***


==霧のEdam==
霧であまり見えませんが
小さな通りに小さなレンガの家々。
まるでおとぎの国です。
玄関先の看板やハンギングプランターが
町並みになじんでいます。

夏季(7月〜8月下旬)期間中の水曜日には
恒例のチーズ市が昔ながらのスタイルで行われます。



==霧のZaanseschans==
霧がなければ
風車・Zaan川・緑の牧草・羊・牛・・・
空と緑のコントラストが
とても美しいザーンセスカンス。
今回は目を凝らして
やっと隣の風車が見える・・・程度の視界。
本当に残念。
でも黒と白のコントラストも悪くない?


ザーンセスカンスには中に入って見学できる風車が数基。
中ではオイルや染料を現在も観光用に挽かれています。
風車の中に入ると、
風車からつながるいくつかの歯車の大きいこと。
こんな大きな歯車を風の力で回す風車はすごい。
昔の人は賢こかったんですね。
尊敬です。
昔、風車は小麦粉やオイルを挽いていましたが
一番大きな目的は
土地を水害から守ること。
オランダは4分の1が海抜より低い土地。
干拓や埋め立てで作られた土地を守るため
風車を回して水を外の水路へかき出す・・・
そんな重要な役割を担ってきた風車なのです。

そんな風車群以外に
見学のできるチーズ工場や木靴工場があります。
もちろんオランダらしいお土産も
たくさん売っています。
ザーンセスカンスの粒マスタードはおいしいですよ。
お土産にお勧めです。


Holland情報 へ戻る

Home へ戻る